テアトロコントvol.18

★コントと演劇のボーダー
「コントは、既存のフォーマットを破壊する短い演劇であり、未来の演劇の実験場である」
─これは渋谷コントセンター綱領の第2項です。
たとえ月に数日でも毎月公演を行う“コント小屋”が、コントと演劇の観客の眼力を頼りに、新たな公演形態に挑みます。その第1ステージは、テレビではできない、観られないコントを、コント師と演劇人が競演。いつかは交流を超えて化学反応を起こし、新しいジャンルが創出されないかという野望がこの「テアトロコント」です。

2017年4月28~29日 @渋谷ユーロライブ

出演=(演 劇)テニスコート、わっしょいハウス(両日)
(コント)弱い人たち(両日)、マッハスピード豪速球(28日)、パーパー(29日)

詳細■渋谷コントセンター
http://eurolive.jp/conte/


わっしょいハウスとしてテアトロコントに参加します。

参加演目■
短編『木星の日面通過』

作・演出:犬飼勝哉
出演:浅井浩介、後藤ひかり、前原瑞樹

はたして煙草を吸う時間は、仕事の時間のうちに入るのでしょうか
喫煙者の気持ちは喫煙者でないと、非喫煙者の気持ちは非喫煙者でないとわからない。ジュピターの喫煙所はビル裏口に所在する。喫煙者にしてみれば肩身が狭く非喫煙者にしてみれば通り道なので、双方から評判がすこぶる悪い。

上演時間:25分
キャスト:3名

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

コメントは受け付けていません。